本文へスキップ

新川高校はあなたの今と未来を応援します。

尾張第2群A  TEL. 052-400-1108

〒452-0901 愛知県清須市阿原北野18番地

学校生活Campus Life

1年生体育「障がい者スポーツを知ろうーパラリンピック教育ー」出前授業

障がい者スポーツについて理解を深める目的で、2020年の東京パラリンピック出場(車椅子バスケットボール競技)を目指す有川美穂選手と昨年開催されたリオデジャネイロパラリンピックで日本選手団スタッフを務めた鳥居昭久先生(愛知医療学院短大副学長)をお招きし「出前講座」を実施しました。(10月2日)


最初に校長先生から講師の紹介がありました。有川選手は、より練習に力を入れるために、名古屋市職員を退職し、平成29年度から現在の会社に移られたとのことです。


鳥居先生から障がい者スポーツやパラリンピックの講話をしていただきました。パラリンピックとは、最初、Paraplegia(対麻痺)+Olimpicの造語でスタートしたが、現在は、parallel+Olimpicの「もう一つのオリンピック」という意味だそうです。
「失われたものを数えるな、残っているものを最大限に活かせ」(パラリンピックの父 ルートヴィッヒ・グッドマンの言葉)など、在り方、生き方について大変参考になるお話を伺いました。


有川さんと一緒に、生徒が3名一組で、順次、車椅子バスケットボールを体験しました。車椅子では、思ったよりシュートがリングに届きません。体験した生徒は、車椅子バスケットボールの難しさを実感したと思います。有川選手のスピードや高速のターンに、生徒は感心しきりでした。

 有川選手から、これまでの体験を踏まえた、大変勇気づけられるお話を伺いました。

バナースペース

愛知県立 新川高等学校

〒452-0901
愛知県清須市阿原北野18番地

TEL 052-400-1108
FAX 052-400-1126